これからの埋葬は納骨堂が多くなるでしょう・都会で利用しやすい施設

弔い続けてくれる制度

棺に花を添える

納骨堂が重宝されるもう一つの理由が、継続的な永代供養制度の存在です。
利用プランに含めておけば、故人が眠る墓に対して半永久的にお経をあげて弔い続けてくれるのが永代供養制度なのです。
都会に住んでいる多くの家族にとって悩みのタネと言えるのが、定期的なお墓へのお参りです。
心情的にはお墓参りを頻繁に行いたくとも、生活や仕事の都合でなかなか簡単には通えないというケースは少なくありません。
あまり長期間お墓参りをしていないというのは、家族にとって心苦しい事だと思います。
そのような家族の気持ちを汲んでくれるのが永代供養制度であり、頻繁に納骨堂へ通えない家族に代わって継続的な弔いを運営者が代理してくれるのです。
お経をあげてくれるのも当然ながら本職の僧侶ですから、家族は安心して納骨堂に故人を任せる事ができるでしょう。
永代供養を依頼するにはある程度の費用がかかりますので、利用を検討している納骨堂施設がいくらくらいなのかを問い合わせてみて下さい。
同じく年間維持管理も引き受けてくれますから、お墓周りの清掃といったメンテナンス的な部分でもトータルでサポートしてくれるのが現代納骨堂なのです。
忙しくて簡単にお墓参りも掃除にもいけない家族が安心して生活できるように、納骨堂ではこういったサポート制度を設けてくれています。
納骨堂を選ぶ大きなメリットの一つとして、これらの制度を覚えておいて下さい。
相応の費用を払う事で、家族の負担が大幅に軽減される事でしょう。